サポート

よくある質問と回答(FAQ)

ここではよくある質問とその回答を記載しております。 お問い合わせいただく前にご覧いただくことをお勧めいたします。

一般的なFAQ

無料版から製品版にするにはどうすればよいですか。

無料版から製品版にするにはライセンスをご購入いただく必要があります。
購入ページからライセンスをご購入ください。

Bronze版からGold版にするにはどうすればよいですか。

Bronze版からGold版にするには「更新・アップグレード」用のライセンスをご購入いただく必要があります。
問い合わせページにお持ちのBronze版のライセンスを記載してお問い合わせください。

特殊なウェブカメラが必要ですか?

ここ2年以内に発売されたほとんどのウェブカメラで検証済みです。
特定のウェブカメラで問題が発生した場合は、サポートまでご連絡ください。
問題解決に取り組み、結果を報告いたします。

KeyLemonはどのOSに対応していますか?

KeyLemonはWindows Vista/7/8、MacOS X Snow Leopard (10.6)、MacOS X Lion (10.7.x)、MacOS X Mountain Lion (10.8.x)、MacOS X Mountain Lion (10.9) に対応しています。

プライバシーの問題はないですか?

顔写真のモデルはパソコンのローカルドライブに保存されるだけで、外部に送信されることはありません。顔の特徴に関するデータはバイナリで保存され、第三者が読み取ることはできません。

SkypeやMSNなどウェブカメラを使用する他のプログラムが同時に起動しているとKeyLemonでエラーメッセージが出るのはなぜですか?

ウェブカメラは一度に1つのプロセスでしかアクセスできません。
そのため、他のプログラムでウェブカメラを使用していると、KeyLemonで使用できなくなります。

KeyLemonの技術はどのようにして生まれたのですか?

もともとはスイスのIDIAP研究所が開発したものです。マルチメディアやマンマシーンインターフェイスを研究する機関で、この技術開発には10年以上の歳月を要しました。KeyLemonもこの機関から立ち上がった企業です。製品は今日までに40万回以上ダウンロードされました。

top

Windows限定

KeyLemonをインストールした後、セキュリティソフトがいくつかのファイルをマルウェアと認識します。

KeyLemonはプログラムの性質上ユーザー名、パスワード、ログインなどと関連しており、セキュリティソフトなどが反応する場合があります。セキュリティソフトの大手にはインストーラーを送り、データベースでホワイトリスト化してもらうよう要請しています。 何らかの警告を受けたとしても、以下のファイルに関しては問題ないので許可してください。
oKLCore.dll
oKLGina.dll (Windows XP)
oKLWindowsCredentialsProvider.dll (Windows VistaとWindows 7)

top

Mac限定

アップデートしようとしているのですが、ダウンロード完了後進みません。 (バージョン2.4.1以前)

この問題は既に修正されていますが、それでも発生する場合はサポートまでご連絡ください。

スクリーンセーバーの解除後に、Macがフォーカスを失うのですが、なぜですか?(Snow Leopardでスクリーンセーバー解除後にウィンドウがフォーカスを失うのですが、なぜですか?)

こちらの問題はKeyLemonとは関係ありません。

正しいアンインストールの方法を教えてください。

アプリケーションの「アンインストール」ボタンを使用してください。アプリケーションをごみ箱に移すだけでは正しくアンインストールされません。以下の手順に従ってください。

  • KeyLemonアプリケーションを起動し、「全般」タブか「ライセンス」タブの「アンインストール」ボタンをクリックしてください。
  • 「本当にアンインストールしますか」と聞かれるので、「はい」をクリックしてください。また、管理者のパスワードを聞かれるので、入力してください。
  • アンインストールが正しく完了したというメッセージが表示されます。
すでに通常の方法でアンインストールしてしまった場合はどうすればいいですか?

KeyLemonを再インストールし、上記の手順で再アンインストールしてください。

Mac OS X Lionには対応していますか?

KeyLemonはバージョン2.4.4よりMac OS X Lionに対応しています。

top

使い方に関するFAQ

アップデートの確認方法を教えてください。

アップデートは初期設定で毎日自動的にチェックするようになっています。
設定変更は「KeyLemon Control Center」の「全般」タブから行えます。
また、「アップデートを確認」をクリックすることで、手動でチェックもできます。
新しいバージョンがある場合はアップデート情報が表示され、アップデートするか、しないかを選択できます。

「はい」をクリックするとダウンロードを開始します。

ダウンロードが完了するとインストーラーが起動します。

このとき、KeyLemonを開いている場合は、プログラムを終了するようにメッセージが出ます。

インストールウィザードを進めると、現在のプログラムが上書きされます。
「キャンセル」をクリックすると、インストールは中止され、初めからやり直すことになります。
※アップデートを完了するためにシステムの再起動が必要になる場合があります

・システムログイン時の「Ctrl」+「Alt」+「Del」キーの無効化方法を押してください。
Windows NT系のOS(NT 4, Windows 2000, Windows XP/Vistaの特定環境、Windows Server 2003/2008)では、ログイン情報入力前に「Ctrl」+「ALT」+「DEL」キーを押す必要があります。
面倒だと思われる方は、このキーを省略する設定が可能です。
※ ドメイン接続でドメインの方針上省略できない場合があります。
※ この設定に関するレジストリキーはDisableCADで、以下のパスになります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon.
パソコンに詳しい方はご利用ください。

■Windows XPの場合
  1. スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックしてください。
  2. ファイル名のボックスに「gpedit.msc」と入力してください。
  3. Windowsの設定->セキュリティの設定-> ローカルポリシー ->セキュリティオプションと進んでください。
  4. 「対話型ログオン:Ctrl+Alt+ Delを必要としない」を有効にしてください。
■Windows Vistaの場合
  1. 「スタート」 ボタンをクリックし、検索ボックスに「netplwiz」と入力して、Enter キーを押してください。
  2. 「詳細設定」 タブをクリックしてください。
  3. 「セキュリティで保護されたログオン」項目の「ユーザーが必ずCtrl+Alt+Delキーを押す」のチェックを外してください。
「スタートアッププログラムの一部がWindowsでブロックされています」と表示されるようになった。

このメッセージは、以下の場合に表示されます。

ユーザーアカウント制御で制限されるプログラムが、Windowsの起動中に実行されようとして、ブロックされたとき

このメッセージが表示されたときは、ブロックされたプログラムを確認して、そのプログラムを実行するかしないかを選択します。

Keylemon でユーザーアカウント制御(UAC)を無効化する方法

  1. 「ブロックされたスタートアッププログラムの表示または削除」をクリックしてください。Windows Defender のソフトウェア エクスプローラが起動します。
  2. 「KLLockEngine.exe」と「KlUpdater.exe」 を選択し、「無効にする」をクリックしてください。見つからない場合は「このコンピューターのすべての ユーザーの項目を表示する」にチェックを入れてから探してください。
  3. Windows Defenderを閉じ、スタートメニューの「コンピューター」の右クリックメニューから「管理」を選択してください。
  4. 「コンピューターの管理」画面が表示されますので、「タスクスケジューラ」のタブから「基本タスクの作成」をクリックしてください。
  5. タスク名をつけ「次へ」をクリックしてください。
  6. ウィザードに従って進み、「プログラムの開始」では「参照」から KLLockEngine.exeを選択し、「次へ」をクリックしてください。
  7. 次に「[完了]をクリックしたときに、このタスクの[プロパティ]ダイアログを開く」にチェックを入れ、「完了」をクリックしてください。
  8. 開かれたプロパティウィンドウの「操作」タブを選択し、「新規」をクリックしてください。「プログラム/スクリプト」欄で「参照」をクリックし、KLUpdater.exeを開いてください。
  9. 最後にPCを再起動してください。
私のパソコンが32ビットOSか64ビットOSかを調べるにはどうすればいいですか?

KeyLemonを正常に起動させるには正しいプログラムをダウンロードしていただく必要があります。間違ったバージョンをインストールしても何かが起きるわけではありませんが、インストールができません。その場合、正しいプログラムをダウンロードし直してください。

OSのビット数がどちらかわからない場合は32ビットをダウンロードしてください。

・Windows XPの場合
以下の手順に従ってください。

  1. スタートメニューの「マイコンピューター」を右クリック
  2. 「プロパティ」を選択
  3. 「一般」タブを選択すると、それぞれ以下のようになります。
    ・64-bitの場合、「Microsoft Windows XP Professional x64 Edition バージョン」というテキストが表示されます。
    ・32-bitの場合、「Microsoft Windows XP Professional バージョン」というテキストが表示されます。

・Windows Vistaの場合
以下の手順に従ってください。

  1. スタートメニューの「マイコンピューター」を右クリック
  2. 「プロパティ」を選択
  3. 「一般」タブを選択すると、それぞれ以下のようになります。
    ・64ビットの場合、「64ビット オペレーティングシステム」というテキストが表示されます。
    ・32ビットの場合、「32ビット オペレーティングシステム」というテキストが表示されます。
何台のパソコンで利用できますか?

1ライセンスにつき1台のコンピューターで使用可能です。ライセンス認証した時点でそのコンピューターのライセンスとなります。1つのライセンスで同時に複数台で利用することはできません。複数台でご利用いただく場合は台数分のライセンスをご購入ください。

また、別のコンピューターで利用したい場合は一度ライセンスを解除する必要があります。ライセンス解除の方法はマニュアルをご覧ください。

アップデートについて

2.0から2.1といったアップデートは無料で、新たにライセンス認証する必要はありません。機能の追加、バグ修正、安定性の向上といった内容になります。アップデートの方法はマニュアルをご覧ください。
2.x から3.0などのメジャーバージョンアップは有料で、新たにライセンス認証が必要です。
詳しい情報はユーザーガイド、よくある質問、フォーラムといったページをご覧ください。それでもわからないことがある場合は、お問い合わせください。

top

ライセンスに関するFAQ

ライセンスコードが使用できなくなりました。

ライセンスコードは1ライセンスで1台のマシンにインストールしていただけます。 しかし、OS のアップグレードやマシンのリカバリー、ハードウェアの変更などにより、マシン内のシステム情報が書き換わりますと別のマシンと認識され、ライセンスが認証されなくなります。
上記の場合は、新しい環境で使用できるようライセンスの認証情報をリセットいたしますので、次のライセンスリセットフォームからライセンスのリセットをお申込みください。

ライセンスリセットフォーム
また、上記以外でもライセンスが使用できなくなった場合は、サポートに理由を記載してお問い合わせください。

top